パワーストーン入門

パワーストーンストラップの作り方を伝授/簡単手作りで運気アップ!

パワーストーンストラップ

あなたの願いを込めたパワーストーンを使ってストラップを作ってみませんか。

天然石・パワーストーンの通販サイトでブレスレットやストラップが販売されていますが、実は意外と簡単にストラップを手作りすることができるんですよ。

自分で選んだ石を使って好きなデザインで作ることができるなんて、ステキですよね。

「器用じゃないけど手作りしたい!」

「パワーストーンストラップを好きな石で作ってみたい」

「ブレスレットを作りたいけど、まずはストラップからね」

「仕事柄ブレスレットはNGなのでカバンにストラップをつけたい!」

こういうあなたのお役に立てますよ。

ここでは

  • パワーストーンストラップの作り方
  • 使用している石の意味
  • ストラップを使用するときの注意点

このような内容をお伝えしています。

あなたが器用でもそうじゃなくても、コツさえつかめば簡単に作ることができます。

まずは、あなたの願いに合うパワーストーンを選ぶことから始まります。

kirara
kirara
出来上がりをイメージするとワクワクしてきますね!

ストラップにするパワーストーンを選ぼう

パワーストーン

まずはストラップで使用する石を選びます。

パワーストーンはそれぞれ持っているエネルギーが違いますから、あなたの願いに応じた石選びから始めましょう。

kirara
kirara
あなたの願いは何ですか?

仕事運、対人運、恋愛運、金運、癒し(心身の健康)、お守り

おおよそ石はこのようなジャンルに分けることができます。

そして、それぞれの願いに対応しているパワーストーンは(複数の意味を持っているのもが多いので主になるエネルギーで示しています)

【仕事運】タイガーアイ、ルチルクォーツ、サンストーンなど

【金運】ルチルクォーツ、シトリン、タイガーアイ、など

【対人運】ブルーレースアゲート、ラリマー、アラゴナイトなど

【恋愛運】ローズクォーツ、インカローズ、ピンクオパールなど

【癒し】アメジスト、ジェダイト、ブラッドストーンなど

【お守り】オニキス、モリオン、アメジスト、スギライトなど

複数の石を使用していいのですが、願いはひとつにしましょう。

同じ方向性のエネルギーを持っている石を使用するということです。

ブレスレットの場合は「仕事運と対人運」のように、2つの願いがあってもさほど悪くはないと思うのですが、ストラップの場合は使用する石の数が少ないのでひとつの願いがgood!です。

kirara
kirara
パワーも分散しなくて済みますね。

各3個ほどパワーストーンを挙げました。
水晶は万能な石なので、願いに応じて選んだ石と組み合わせてもいいかなと思います。

パワーストーンストラップを手作りしよう!

使用する石が決まったら早速作っていきましょう。

今回はお守りのストラップとして、守護のエネルギーを持っている石を選びました。

kirara
kirara
作り方の説明後に、詳しい意味などお伝えしますね。

手作りのパワーストーンストラップで使用する道具と材料

丸やっとこはさみ

まずは使用する道具と材料です。

使用する道具
  • 丸やっとこ
  • はさみ

作業が細かいので「丸やっとこ」があると便利です。

ビーズをつまんだりオペロンゴムなどをつまんだりします。

私は資格取得の際に教材として購入したのですが、たぶん手芸店にあると思います。

使用する材料
  • パワーストーン 10ミリ1個、8ミリ6個、6ミリ4個
  • オペロンゴム、(またはシリコンゴム、テグス)約30センチ
  • ストラップパーツ(紐の部分)
  • ボールチップ 1個
  • つぶし玉(カシメ) 1個

ストラップパーツやボールチップ、つぶし玉は手芸店で手に入ります。

kirara
kirara
100均でもOK!
パワーストーンストラップ

パワーストーンを通すゴムですが、今回はオペロンゴムを使用しています。

テグスやシリコンゴムでもいいのですが、滑りやすいので大事な細かい作業の時につぶし玉が定まらず、やりずらいかもしれません。

パワーストーンストラップの作り方

では制作開始です。

今回私は、オニキスラピスラズリ四神クリスタル(朱雀)を使用しました。

ストラップ制作の手順は以下の通りです。

ストラップの作り方
  1. 石を並べてデザインを確認する
  2. 石をオペロンゴムに通す(2個だけ残しておく)
  3. 最後の2個をオペロンゴムに通す
  4. だるまチップを通す
  5. つぶし玉をしっかりと取り付け、つぶす
  6. だるまチップを閉じてストラップパーツをつける

この流れに沿って進めていきましょう。

石を並べてデザインを確認する

パワーストーンストラップ作り方

石やパーツを並べて出来上がりを確認しておきましょう。

並べた石の順に、ゴムを通します。

kirara
kirara
石たちが滑らないようにタオルなどの上に置くといいですよ。

石をオペロンゴムに通す(2個だけ残しておく)

パワーストーンストラップ
(お断り:この写真はシリコンゴムを使用しています。手持ちのシリコンゴムが太かったのでオペロンゴムに変更したのでした^^;)

上部の2個だけ残して、右端から順に石を通しましょう。
右上のオニキスから通していきます。

今回ゴムに石たちを通す時、細いワイヤーを使っています。
パワーストーンストラップ

kirara
kirara
これを使うと楽に通すことができ、効率が良くなります

最後の2個をオペロンゴムに通す

パワーストーンストラップ

最後の2個に通します。
今回はラピスラズリですね。

ストラップの形になるように、ゴムを2本一緒に通しましょう。

これで石たちがすべてまとまりましたね。

だるまチップを通す

次にだるまチップを通します。

だるまチップ
kirara
kirara
細かい作業になるので、ゆっくり丁寧に進めてくださいね。

つぶし玉をしっかりと取り付け、つぶす

パワーストーンストラップ作り方

ストラップ制作の仕上げになります。

つぶし玉をゴムに通し、もう一度下からゴムを通しましょう。

つぶし玉で石たちを固定するので2回通すという訳ですね。
ストラップ

この時、つぶし玉の穴には4本のゴムが通っていることになります。

だるまチップの中につぶし玉が収まるように、ゴムを調節します。

ここの作業、とても大事なので丁寧に行いましょう!

ゴムが緩いと石たちの間に隙間ができ、通しているオペロンゴムが見えてしまいます。
見栄えが悪くなるんですね。

だるまチップとつぶし玉に隙間がないように止めましょう。

そして、つぶし玉を丸やっとこでつぶし、余分なオペロンゴムも切ります。

だるまチップの中に入るように切ってくださいね。

kirara
kirara

細かい作業になるので、初めての場合は時間がかかると思いますが、頑張りましょう(^^)
丸やっとこを上手に使ってくださいね。

だるまチップを閉じてストラップパーツをつける

パワーストーンストラップ

出来上がりまでもう一息です。

丸やっとこを使ってだるまチップを閉じましょう。
そして、ストラップパーツ(紐の部分)をつけます。

この時ストラップをつける前に丸かんをつけてもOKです。
今回は、長さ的にも丸かんは使用していません。

これで完成です!

kirara
kirara
イイ感じのパワーストーンストラップに仕上がりました~♪
パワーストーンストラップ作り方

手作りのストラップに使用した石の意味は

パワーストーンストラップはお守り用として作りました。
それぞれの石たちが持っている意味を見ていきましょう。

水晶(四神クリスタル-朱雀)

水晶

中国神話として親しまれている四神(しじん)が彫り込まれているクォーツ

その四神の中で朱雀(すざく)を選びました。

朱雀(すざく)は、鳳凰のような赤い鳥型の聖獣です。
翼を広げたデザインになっています。

朱雀には炎のエネルギーを宿すとされています。

そして、何度でも諦めずに挑戦するようなポジティブな気持ちにしてくれると言われ、心願成就、恋愛成就のお守りに向いています。

四神(しじん)とは

中国神話に登場する聖獣。
東西南北をつかさどる神とされています。

東の青龍(せいりゅう)、西の白虎(びゃっこ)、南の朱雀(すざく)、北の玄武(げんぶ)を四神としています。

オニキス

オニキス

諦めずに目標に向かってやり遂げることをサポートしてくれるオニキスは、「成功の象徴」と呼ばれています。

自分軸をしっかりと安定させ、確実に一歩一歩行動するように導いてくれる石です。

魔除けのお守りとしても活躍してくれるでしょう。

ラピスラズリ

ラピスラズリ

ラピスラズリは古くから「幸運を呼び寄せる石」として知られています。

その反面、潜在意識にある問題点を顕在化させ、持ち主に試練を与えるとも言われています。

成功へ向かうための試練だと言えますね。

また物事の本質を見抜き、進むべき道へと導いてくれる守護石です。

今回使用した石たちはこちらの通販ショップで購入しました。

kirara
kirara
どれも素敵な石たちで大満足で、ずっと眺めて癒されています。

興味があったら覗いてみてくださいね。一粒でも購入できますよ。

パワーストーンや誕生石のブレスレット専門通販サイト Pascle(パスクル)

ストラップの細かい作業が難しい時はポケットリングを!

ちょっと余談ですけど初心者さんの場合、仕上がりに差が出ることがあります。

ゴムにビーズを通すことは大丈夫だと思うんですが、差が出る箇所は「つぶし玉をしっかりと取り付ける」ところです。

細かい作業なので慣れないとつぶし玉のおさまりが悪く、ゴムが見えるような仕上がりになってしまいます。

集中していても思ったところに結び目がいかないですよねー。

kirara
kirara
ま、慣れるしかないんですが・・。

何度やってもうまくいかないとがっかりしますよね。
私もそんなに器用と言う感じではないのでその気持ちもわかります。

なので、もっと簡単なリングを作ってみましたよ!

だるまチップやつぶし玉を使わないので器用じゃない初心者さんでも大丈夫です。

今回はオペロンゴムを2本どりにしています。

ポケットリング

オニキスとチャロアイトで作りました。
小さなポーチに入れてお守りとして持ち歩くことができます。

また、ストラップ用の紐をつけてもいいですね。

ポケットリング

これはクォーツとラベンダーアメジストで作りました。
つぶし玉は使用していません。

簡単ですけど、ゴムを結ぶ時は丁寧に行いましょう。

結び目はキュッと固く小さく、ボンドで止めます。
ボンドがビーズに付かないように気をつけてくださいね。

結び目は丁寧に石の中に入れましょう。

kirara
kirara
ストラップが難しく感じたら、ポケットリング作りにチャレンジしてみてくださいね

パワーストーンストラップを使用するときの注意点

仕事など様々な事情でブレスレットを身につけられない場合もありますよね。
その場合はストラップがとても役に立ちます。

kirara
kirara
手作りをするにしても短時間で簡単に作ることができます。

ただ、今回ご紹介したようなパワーストーンだけのストラップの場合、取り扱いに注意をしたいものです。

バッグなどにつけたストラップは、ぶつけて傷がつきやすいです。

硬度が低い石の場合は、欠けてしまうこともあるということを覚えておきましょう。
また、ゴムが切れることにも注意をしましょう。

専用の袋に入れて持ち歩くという方法もおすすめです。

まとめ:あなたの願いを込めて手づくりストラップを!

パワーストーンストラップ

今回は簡単なパワーストーンストラップの作り方をお伝えしました。

きれいに仕上げるには、集中した丁寧な作業が必要になりますが、慣れれば大丈夫です。

kirara
kirara
好みのパワーストーンで作ってみてくださいね。

今回作ったお守りのストラップ、普段はジッパーのリングにつけて常に胸元にあります。
(服の内側に入れてます)

何だかほわっと温かく、石たちのエネルギーを感じています。

あなたにもこの感覚を味わってほしいなと思います。

初めてのあなたも、パワーストーンストラップ作りに挑戦してみてくださいね。

kiraraお気に入り!ヒラオカ宝石のパワーストーンブレスレット
ヒラオカ宝石

通販ショップ、ヒラオカ宝石でパワーストーンブレスレットを購入しました。

店長おまかせでオーダーし、私だけの世界にたったひとつのブレスレットです。

見た目はちょっと地味だけど、可愛い石たちはパワーを発揮してくれています。

詳細はこちらの記事に書いています。
良かったらショップ選びの参考にしてくださいね♪

【ヒラオカ宝石のパワーストーン】口コミ調査!実際にブレスを購入した結果