運気を上げる方法(思考)

満月に願い事をしてもいいの?願いを叶えるためのポイントとは

満月 願い事

満月には私たちを引き寄せる大きな魅力があります。

スーパームーンやストロベリームーンなどなど呼び方もいろいろありますが、ささくれだったココロを癒してくれます。

そしてお月さまには見えないパワーがあります。

新月の願い事を満月が叶えてくれるとも言われていますよね。

今回は満月のお話です。

この記事では

  • 満月の願い事はOKなのか
  • 願い事の正しい書き方
  • 満月にして良い事と悪い事

主に以上のことをお伝えしていきます。

あなたが、

「満月について知りたい」

「満月で願いは叶うの?」

「満月の日はどんなことをすればいいの?」

このように思っていたら最後までお読みくださいね。

kirara
kirara
あなたも満月のパワーを受け取りましょう!

満月のパワー

満月のパワー

秋の夜長には何となく空を見上げてみたくなりませんか?

三日月でも満月でも、お月さまには言い表すことができない魅力があります。

月をテーマにした映画やドラマもありますよね。

kirara
kirara
私は韓国ドラマが好きですが、「太陽を抱く月」や「雲が描いた月明かり」だったり、
「月」というワードがあると無条件にはまります笑

また、満月の夜は何かが起こる・・みたいな笑
例えばオオカミになったりとか・・笑

満月」とは、月に太陽の光が反射して丸く見える状態。

地球との位置関係は、太陽 – 地球 – 月 です。

ちなみに新月では、太陽 – 月 – 地球 になります。

お月さまのパワーを考える時、抑えておきたいことがあります。

それは「新月と満月は1セット」ということです。

新月は始まりのエネルギー
新しいことを始めるのに良い日だとされています。

「0(ゼロ)」から生まれるというイメージでしょうか。

そして満月は達成のエネルギー

月が満ちるということは「収穫」を表しています。
今までの道のりに感謝をして新たな決意をする時です。

「新月と満月は1セット」というのは同じ星座においての新月と満月ということです。

新月でまいた願いの種が育ち、収穫を迎えるのが約半年後
願い事を書いた新月の時と同じ星座での満月の日になります。

新月については詳しくこちらの記事に書いています↓
願い事の書き方についてもお伝えしているので、新月と満月、合わせて読まれたほうがいいかなと思います。

新月願い事
新月に願い事をすると叶うの?幸運を引き寄せる書き方のポイント新月には願い事をする・・ということが当たり前のようになってきているような気がします。では、どのようにすればその願いは届けられるのでしょうか。またホントに願いは叶うのでしょうか。不思議なお月さまのパワー。幸運を引き寄せる願い事の書き方をお伝えします。...

満月に願い事をしてもいいの?

満月に願い事

先にお伝えしたように、新月と満月では持っているパワーが違います。

kirara
kirara
なので、1セットで考えましょうということなんですよね。

満月に願い事をすると思っている人もいるようですが、正確にはちょっと違います。

新月の日は願い事を書きますが、満月の日は「感謝」をする日です。

そして、あなたの願いが叶っている、叶っていないに限らず、その結果を受け止め振り返りをし、新たな決意をする日です。

ここで「振り返りをしましょう」とお伝えすると、「○○ができなかった」「○○がまだ叶っていない」と言った、できていない事ばかりに目が行きがちです。

そういうことではなく、まず「できたこと、達成したこと」を考え感謝をしましょう。

どんな些細な事でも大丈夫!
小さな成功体験に対して、できたこと・叶ったことを感謝しましょう。

そして、叶わなかったけれど今は必要ないものを手放しましょう。

大事なことは、満月の日は、下ばかり向いてできなかった自分を考える日ではないということです。

満月の日は何を書いたらいいの?

満月願い事

ずばり、「感謝の言葉」を書きましょう。

kirara
kirara
新月では願い事を、満月では感謝の言葉を書くということですね。

紙に感謝の言葉を書き出しましょう。
感謝の理由も一緒に書くとさらにgoodです。

自分の気持ちを洗い出してみましょう。

願い事以外にも自分の気持ちを見つめ直すといいです。

感謝する言葉「ありがとう」「助かりました」などはすごく大きなプラスのエネルギー。

紙に書いたり口に出して言うことで、ポジティブな気持ちになれ明日への活力が湧いてきますよ。

そしてもうひとつ大事なこと。

叶わなかったあなたの願い。
それはもしかしたら、今あなたに必要がないことかもしれません。

または、その願望を達成するための準備や努力が足りなかったのかもしれません。

そんな願いは「願望」ではなく「執着」です。

執着していてもあなたの願いは叶いません。

もう一度自分のココロを見つめ直し、執着している気持ちを手放しましょう。

憎しみや恨み、またはネガティブな感情を手放しましょう。

ネガティブな感情からは何も生まれません。

手放したいことを紙に書き出しましょう。
書き出すことで、あなたの気持ちがクリアになるでしょう。

書き出した執着は燃やすか、または破って捨てましょう。

kirara
kirara
私は燃やしますが、火の始末には十分に気をつけてくださいね。

満月にすると良いこと

満月願い

感謝の言葉を書き出すこと以外に、満月の日にはぜひ行いたいことをまとめてみました。

参考にしてくださいね。

  • 神社を参拝したりお墓参りする
  • 日頃お世話になっている人に感謝の気持ちを伝える
  • 新たな目標に関するものを購入する
  • 自分を思いっきり褒める
  • 音楽を聴いたり芸術鑑賞をしたりする
  • パワーストーンを浄化する

満月の日は穏やかなココロで、すべてに「感謝」をしましょう。

私はパワーストーンセラピストですので石の浄化は欠かせません。

満月のエネルギーを充電してキラキラと輝いてくれますよ。

満月にしてはいけないこと

積極的に行いたいことがある一方で、NGな行為もあります。

お月さまのエネルギーは私たちに影響を与えています。

特に満月は仕事のことであったり、周囲の環境だったり、または自分の気持ちだったり、何かしらの変化を感じるようです。

kirara
kirara
何故か理由もなくイライラしたり、言わなくても良いことをついいってしまったり。

後で「あ、満月だったんだ・・」と思ってしまうんですね。

このように、ストレスが溜まりやすく、些細なことで攻撃的になりやすくなります。

なので穏やかな気持ちで過ごせるように、余裕をもって過ごしたいものです。

また、満月の日にお酒を飲むと、いつもより酔いやすいそうですよ。

まとめ:自分を振り返り感謝をしよう

満月願い事

今回は満月の願いをしても良いのか・・という点でお伝えしました。

kirara
kirara
新月と半年後の満月が1セット。
これを覚えておいていただければと思います。

新月で願い事をして半年後の同じ星座の満月で振り返る。

これを意識するだけで、あなたの周りは良いサイクルになっていきます。

もし、新月も満月も同じように願い事をしていたら、満月の願い事を感謝と振り返りに変更してみてくださいね。

きっと幸運を引き寄せる体質に近づくでしょう。